読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さかもとのうそブログ

クソブログです。ツイッター感覚でつぶやきます。

3月12日の小噺

地球儀を回して世界百周旅行してきたらこんな時間です。

こんばんは坂本ですよ。

今日のテーマはコンビニです。f:id:sakamoto2034:20170312225314j:image

十年くらい前までは坂本の地元には2km先にスパーくらいしかなくて全然コンビニエンスではなかったです。f:id:sakamoto2034:20170312230126j:image

それがいまやだいぶ身近に感じるものとなりました。どのくらい身近になったかっていえば最近のテラフォーマーズの中にはコンビニとテラフォーミングしたコンビニ人間ってのが有名なんでしょ?さすが、あなたとコンビニってそういう意味…ってやかましいわf:id:sakamoto2034:20170312230404j:image

その中でも今回はみんな大好き成人向け雑誌の話です。

f:id:sakamoto2034:20170312230505j:image

大丈夫!内容には決して触れません! そんなもの書こうものなら末代までの黒歴史を作ってしまうことになります!

せっかく増えてきた読者をここで減らしてしまうリスクもさもありなむですが勇気を出して書きます。

話に入る前にコンビニには発注作業があるのはご存知ですか?例えばおにぎりが足らなくなってきたら おにぎりを10個みたいに、売れる分、売りたい分を計算して注文(発注)してコンビニに在庫を入れてもらう作業です。これ、注文個数が一桁間違うとおにぎりが1000個来たりえらいことになります。f:id:sakamoto2034:20170312231558j:image

さて、その中でも成人向け雑誌も例外なく発注が行われているわけです。そりゃそうでしょう、成人向け雑誌も立派なコンビニの売り物です。

ここで注目したいのが、発注には

流行・売れ筋・店長の気分

が関係しています。

つまり、やたらに成人向け雑誌が充実してるコンビニは

・店長が流行に敏感

・店長が売れ筋をおさえている

・店長の趣味が多岐にわたる

という店長の優秀さがこれでもかと表現されているのがあのコーナーなんです。

実際他店何店舗か見比べてみると種類っつーか、スペースの広さがダンチで違う店舗があります。その店舗はやはり店長か周辺住民が死ぬほど性への知的探究心が強いということなんでしょうか?

いいえ、みんな保健体育のテスト対策です。

ちなみにコンビニで圧倒的に廃棄が出るのが成人向け雑誌です。廃棄の場合間違えないように品名を言いながらチェックするらしいのですが、成人向け雑誌一冊なんてカウントはせず、

「◯◯◯!?△△△△の□□!一冊廃棄!」みたいに高らかに題名を読み上げる作業を深夜帯ではやっているそうです。

坂本の友人のH君は女の子と一緒に深夜帯のバイトに入っているらしいのですが、ホントに坂本の周りにはまともなのがいません。

たった今コンビニのバイトの履歴書ができたところです!